小諸チップ工場
TOPページ > 小諸チップ工場
”木材チップの製造・販売 小諸チップ工場”
昭和34年から生産稼働し地元長野県及び近隣県の広葉樹・針葉樹チップを主に製紙工場に納入しております。また最近は、チップの消費範囲がバイオマス・パーチクルボード・畜産関係・果樹園など広範囲に使用されており地域密着した工場は山主とお客様から厚く信頼され今日の礎となっております。
木材チップができるまで、そして、木材の有効利用
工場内の原木丸太(N材:針葉樹)入荷直後、このように並べる。一般的に、出材量は夏場が少なく、冬場に増加する傾向有。
工場内の原木丸太(N材:針葉樹)入荷直後、このように並べる。一般的に、出材量は夏場が少なく、冬場に増加する傾向有。
工場内の原木丸太(N材:針葉樹)在庫する場合には、大小の材を上手く並べる必要有。経験が必要で、これは名人芸の領域です。
工場内の原木丸太(N材:針葉樹)在庫する場合には、大小の材を上手く並べる必要有。経験が必要で、これは名人芸の領域です。

仕入れ先の工場ヤード(直径10〜20cm)。半径数十キロ圏内から安定した仕入れ体制。整然と並んでいる様は見ても気持ちがいいです。
仕入れ先の工場ヤード(直径10〜20cm)。半径数十キロ圏内から安定した仕入れ体制。整然と並んでいる様は見ても気持ちがいいです。
仕入れ先のヤード(直径30〜80cm)。これは建材用の立派な材で、樹齢は70年以上。近づくと木のいい香りがします。
仕入れ先のヤード(直径30〜80cm)。これは建材用の立派な材で、樹齢は70年以上。近づくと木のいい香りがします。

チッパー機に投入される原木丸太。40年以上の工場管理実績があり、安定した生産体制です。
チッパー機に投入される原木丸太。40年以上の工場管理実績があり、安定した生産体制です。
生産された原木チップ。主原料はN材ですが、L材(広葉樹)の生産もします。これは、出荷を待つ新しい木材チップです。
生産された原木チップ。主原料はN材ですが、L材(広葉樹)の生産もします。これは、出荷を待つ新しい木材チップです。

製紙工場向けのトラック積み込み。これから数時間で製紙工場様のヤードに搬入されます。PC用紙や新聞紙等に広く使用されます。
製紙工場向けのトラック積み込み。これから数時間で製紙工場様のヤードに搬入されます。PC用紙や新聞紙等に広く使用されます。
工場内で使用中の積上げ・搬送機。原木を整理するために、様々な重機が使用されています。
工場内で使用中の積上げ・搬送機。原木を整理するために、様々な重機が使用されています。

チップ化した後の残材(樹皮)を再利用。一体、どこへ行くのでしょうか?答えは、地元のブルーベリー農家等です。
チップ化した後の残材(樹皮)を再利用。一体、どこへ行くのでしょうか?
答えは、地元のブルーベリー農家等です。
仕入れ先からも出る残材(樹皮)を有効利用。
仕入れ先からも出る残材(樹皮)を有効利用。材木も利用法が多岐にわたり、素晴らしいものがあります。感心します。

ブルーベリーの土壌に混ぜると、土壌が豊穣となり、植物の生育が良好になります。踏んでみると、柔らかい感触でした。
ブルーベリーの土壌に混ぜると、土壌が豊穣となり、植物の生育が良好になります。踏んでみると、柔らかい感触でした。
こんな立派なブルーベリーができます。一寸、食べてみた所、自然でマイルドな味!!パソコンによる疲れ目にはとてもよいそうです。
こんな立派なブルーベリーができます。一寸、食べてみた所、自然でマイルドな味!!
パソコンによる疲れ目にはとてもよいそうです。
取引先の農園の自信作です。甘くて美味しい。ブルーベリーも何種類もあることを知りました。小諸は、リンゴ等も有名です。
取引先の農園の自信作です。甘くて美味しい。ブルーベリーも何種類もあることを知りました。小諸は、リンゴ等も有名です。
近隣の評判の良い有名な農園。休日には東京方面からもバスでお客が来ます。広大な敷地に様々な草花が咲き乱れていました。
近隣の評判の良い有名な農園。休日には東京方面からもバスでお客が来ます。広大な敷地に様々な草花が咲き乱れていました。

農園の庭先の庭園。ベンチに座って、眺めていると気持ちが落ち着きます。花鳥風月の世界が広がっています。
農園の庭先の庭園。ベンチに座って、眺めていると気持ちが落ち着きます。花鳥風月の世界が広がっています。
庭先の花(下地には当社の木材の樹皮屑使用)元気で病気にも強いです。農園の社長さんから感謝されました。赤いのはキク科。
庭先の花(下地には当社の木材の樹皮屑使用)元気で病気にも強いです。農園の社長さんから感謝されました。赤いのはキク科。

こちらも木材屑で生育良好です。色合いが鮮やかになります。きれいな黄色は、マリーゴールド(?)
こちらも木材屑で生育良好です。色合いが鮮やかになります。きれいな黄色は、マリーゴールド(?)
新幹線の佐久平駅の盆栽にも木屑(樹皮)が使用されています。当社では、森林内の残材のみならず、廃材の樹皮も有効活用中です。
新幹線の佐久平駅の盆栽にも木屑(樹皮)が使用されています。当社では、森林内の残材のみならず、廃材の樹皮も有効活用中です。自然環境に優しい工場運営を目指しています。

日本の森林は約2500万haあり、そのうち約1300万ha(約5割)が天然林、約1000万ha(約4割)が人工林、残りが無立木地、竹林などです。国土面積に占める森林面積は約66%で先進国の中では有数の森林大国です。

当工場では、近隣の森林より発生する伐採後の間伐材を有効利用し、製紙用の原料チップの生産をしております。その結果、地元のみならず、地球環境の保全の一端を担っております。

日本の森林、林業にご興味を戴きまして感謝申し上げます。

小諸チップ工場へのお問い合わせはこちら 0267-22-1310
トップページ
製品情報
会社概要
営業本部
住宅事業部(東京)
住宅事業部(仙台)
秋田営業所
小諸チップ工場
北海道の社有林
お問い合わせ
秋田営業所天然木展示場 無垢材の”香り”と”美”の空間
森林・林業学習館
木材図鑑
財団法人日本木材総合情報センター きーねっと
占冠村公式ホームページ
木材会館
こまちャフ Facebookページ